産後太ってしまう人が多いのは何故でしょうか?

 

出産前に増えた体重が自然に落ちる人もいる中、どんどん体重が増えて
完全な産後太りをする人も多いです。

 

産後太りを経験した私や私のまわりのママたちに話を聞いたところ、
妊娠中よりも産後にたくさん食べてしまったという声が多かったです。

 

やっぱり食べ物は大きな原因になるようです。
確かに赤ちゃんのお世話で忙しい毎日で体力を使うし、母乳をあげていると異様にお腹が空きます。

 

いくらでも食べられるのですがその勢いに任せて食べると産後太りにつながるようです。

 

どんどん食べてしまうのにはもう一つ原因があって、それは依存です。

 

ストレスによる食事依存とグルテン依存があります。

 

育児に疲れ、ストレスが溜まった状態になると食べることでストレスを解消する人が多くなります。
赤ちゃんと一緒の生活では食べること以外のストレス解消法が見つかりにくいので仕方のないことです。

 

その一方で産後太りとは無縁のママ達は赤ちゃんとの忙しい生活の中で、食べること以外のストレス解消法を
上手にみつけていました。

 

例えば、裁縫や編み物。
赤ちゃんの洋服や小物を手作りして育児を楽しんでいるママがいました。
赤ちゃんの眠っているあいだにコツコツ取り組めて、作業に没頭することでストレスが解消できるのだとか。

 

食べること以外のストレス解消法を見つけることで産後太りを解消できるかもしれません。

 

またもうひとつの原因、グルテン依存。

 

パンやパスタ、うどんといった手軽に食べられる小麦で出来た食品にはグルテンという成分が含まれています。
このグルテンには依存性があるそうなんです。
グルテン依存に陥ると必要以上に食べ過ぎてしまう危険性があります。
小麦で出来た食品をどんどん欲するようになるようです。

 

赤ちゃんのお世話に追われ、食事はついつい手軽なパンやパスタで済ませることが多い人いませんか?
じつはこれが産後太りの大きな原因になっている可能性が高いのです。

 

女優の長澤まさみさんもスタイルキープのために唯一の食事制限としてグルテンカットを行っているそうです。

 

上手にストレス解消を行い、ストレス→過食→太る→ストレス、といった悪循環を断ち切り、
本当に今の自分にこれ以上のカロリーが必要かと自問自答しながら毎日を生活できるようにすることが
産後太り解消のはじめの一歩かもしれません。